仕事

内定を取るために意識すべきエントリーシート(ES)の書き方【大手企業】

内定を取るために意識すべき エントリーシート(ES)の書き方

 

この記事では、

 

  • まだ就活の事が全然分かってなくて、
  • どんなことに気を付けてESを書いたらいいか分からない

 

とお悩みの新卒就活生の方に、

エントリーシートを書くうえで必ず意識して欲しいポイントを解説します。

 

ピクシー
エントリーシートの極意です。必見ですよ!

 

エントリーシートの種類

まず、エントリーシートには二種類のものがあることを認識してください。

 

①書類審査に通るためのエントリーシート

一種類目のエントリーシートは、

「書類審査に通るためのエントリーシート」です。

 

前職での仕事内容や実績など 経歴が重要視される、

転職活動をする人が書くべきエントリーシートがこれにあたります。

 

エントリーシートを書こうとすると、

とにかく目の前の書類審査を通過する事だけに意識が行きがちですが、

新卒の就活生が書くべきエントリーシートはこの後に説明するもう一種類の方です。

 

②面接に備えてのエントリーシート

二種類目のエントリーシートが、

「面接に備えてのエントリーシート」です。

 

これまでの実績よりも人柄や考え方などが重要視され、

繰り返し面接が行われる新卒の就活では、

「面接に備えてのエントリーシート」を準備する必要があります。

 

「面接に備えてのエントリーシート」を書くために意識すべきポイント:自分の言いたい事は抑えて書く

では、どうすれば「面接に備えてのエントリーシート」を書く事ができるのか。

 

意識して欲しいポイントは一つです。

それは、「自分の言いたい事を全て書かないこと」!

 

その会社に行きたいという思いが強ければ強いほど、

自分の熱い思いを全て書きたくなってしまう気持ちはよく分かります。

 

でもその気持ちをどうにか抑えて欲しいんです。

 

次の章からその理由について説明していきます。

面接時のエントリーシートの役割:あらすじだけの台本

アルバイトの面接を受けたことがある人は分かると思いますが、

面接官は必ず手元にあなたのエントリーシート(履歴書)を置いて面接を行います。

 

当然あなたと面接官は初対面です。

 

なので面接官にとっては、

あなたがこの会社に興味があることと、

エントリーシートに書いてある内容以外のことは一切わからない状態です。

 

そうなると、

自然とエントリーシートの内容に沿って面接が進むことになります。

 

なので、

話したい内容をエントリーシートに全部書いてしまうと、

面接で言う事が何もなくなってしまうんです。

 

「面接に備えてのエントリーシート」の書き方:聞いて欲しい事の概要を書く

エントリーシートは書いて出せばOKというものではありません。

選考に通過して、最終的に内定を取れるように仕上げる必要があります。

 

そのために、

エントリーシートには聞いて欲しい事の概要を書くようにしましょう。

 

そして、

詳細については面接の時に相手に質問させて、

あらかじめ用意しておいた自分の回答を言う。

 

これが就職活動におけるエントリーシートの正しい使い方です。

 

重要なのは、質問されるのではなく、

こっちが聞いて欲しい事を相手に質問させること!

 

自分誘導型の面接ができるエントリーシートが良いエントリーシートです。

 

ポイント

特に、面接で緊張して何も考えられなくなってしまう人は、

もう一度エントリーシートを書くところから見直してみることをオススメします。

良いエントリーシートが書ければ、

聞かれる質問に対して事前に全ての回答を用意しておくことができます。

まとめ:意識すべきは「面接に備えてのエントリーシート」

エントリーシートを書く段階から面接対策は始まっています。

 

エントリーシートを書く際は、

書きたい事を全て書くのではなく概要だけを書くようにしましょう。

 

そして相手に細かい所を質問させて

自分誘導型の面接ができれば大きく内定に近づくことができます!

 

もっと具体的なエントリーシートの書き方については

こちらの二つの記事をご覧ください。

ESに書く事がない人が内定を取れる方法
エントリーシートに書くことがない人でも内定を取れる方法【自己PR例】

続きを見る

エントリーシートは嘘で良い?
エントリーシートは嘘で良い?書くことない人でも内定を取れる書き方

続きを見る

 

ピクシー
後悔のない就活にしましょう!

-仕事